余薫記

Nothing but this is the part of me.

【日記】土潤溽暑 ―Dump Earth Humid Heat

この大暑が過ぎれば立秋、暦の上では秋が来る。
しかしまだまだ暑いものですね。



そしてどうやら西日本には台風12号が来ているんだとか。しかも通常の動きと違うみたいだし、外出は控えると共に注意が必要だね。台風の最新情報は気象庁のホームページより確認できるよ。
気象庁 | 台風情報

www.asahi.com




それはそうと、たまには日記でも書いてみようか。



タイトルは「つちうるおうて むしあつし」と読む。
そして溽暑(じょくしょ)は湿気が多くて蒸し暑いことをさす。ともかく「蒸し暑さで草木も土も汗をかいている」ということだよ😳☀️❕(まあ私の勝手な意訳なんだけどね!笑)



ここ京都の夏は特に蒸し暑い。
周りを山に囲まれた盆地であること、大昔は湖底だったから湿地帯であることが大きく影響している。その古の名残としては、大田神社に植生しているカキツバタなどが有名だよ。さらに下鴨神社にある糺の森は、太古の昔から存在する貴重な原生林でもある。人気の寺社に行くのも楽しいけど、長い歴史を持つ京都だからこそ、こういう視点から見てみるのもまた面白いと思う。




まあそれはさておき……

猛暑だけど屋内に籠りがちだと鬱屈な気分になるし、お散歩がてら甘味処でお菓子でも戴こうかなとカフェ巡りに行ってきた。蒸し暑い日々には冷たい食べ物の美味しさが映えるのである🍨



透明の容器に入った、スッキリとした甘さの冷やしぜんざいが美味しい。窓から差し込んだ光が、たまに小さな虹になっていて綺麗だった。



この日は不思議な紫色の空をしていた。なんだかね、水面に反射する光も紫で魔法使いとか出てきそうな雰囲気。されどそれも刹那のこと、すぐに普通の空に戻ってしまった。あれはなんだったのかな。





なんか最近、寝ているときによく夢を見る。


起きた時はどちらが夢で現実なのか区別できないんだよね。『荘子』にある胡蝶の夢みたいな感じ。怖い夢だと嫌だけど、幸せな夢のときは何だか嬉しい。



鳥になる夢を見ることがある。
風を受けながら大自然の中を飛ぶ夢。身体にあたる風も羽ばたく感触もなぜかリアルで、鳥になったことはないのに空を飛ぶ気持ちよさを知っている。起きてしばらくは、自分が鳥なのか人間なのかわからない(笑) こちらのほうが「胡蝶の夢」の伝説には近いかな?(笑)



ちなみに今日は弟と喧嘩する夢を見ていて、起きた時もしばらくは「クッソ〜〜!!!😠😤」ってなってた(笑) 幼い頃はよく喧嘩したけどもう随分していない。数千年ぶりくらいに弟が憎たらしく感じた(笑)




空を飛びたいなあ。