余薫記

University Student in Kyoto

【日記】欲求と自律のバランス ーBalanced Life in Both Needs and Autonomy

文章を書くことはクリエイティブで楽しい。
そうは言っても特にブログを書くことに特別熱を入れているわけではなく、自分の思想をまとめるためのツールぐらいにしか考えていなかった。そんなわけで更新は気まぐれだったけど、人間の思想というものは、生きているうちにどんどん変わっていく。その移り変わりを記録していきたいから、これからはなるべく更新を増やしていこうと思う。ただそれを自分に強制するつもりはない。



インターネットの世界は面白いが、
入り浸ってしまうと現実での生活が疎かになる。




マズロー欲求段階説(Maslow's Hierarchy of Needs)にみられるように、人間には承認欲求(esteem needs)がある。それが今流行りの「キラキラ女子」を生み出しているのだろう。承認されたいという願望は、当然ながら私にもある。でも現実世界を壊してまでネットに生きようとは思わない。命の危険を冒してまで人に注目される写真を撮影する気にはなれないし、体裁を気にして薄っぺらい恋愛をするつもりもないし、不特定多数の人に羨望されるよりは自分の憧れている人たちに認めてもらうほうがずっといい。




私が重視すべきは、今息をしているこの世界だ。
だからこそネットは自分の生活を装飾するためのツールでしかない。
それを忘れることのないようにしたい。




Noritakeノリタケ)のLacewood Gold(レースウッドゴールド)で、お気に入りのティーカップ。綺麗なものは「もったいないから」と使わないで仕舞っておく人もいるけど「使わないほうがもったいない」と私は思う。お気に入りで大切にしたいからこそ使うべき。そんなわけで安いからといって不必要なものを大量買いする心理は、よくわからない。お気に入りのものを長く使いたい。



漫画『寄生獣』を原作にした、アニメのオープニングテーマに使用されている楽曲だよ。非常に哲学的で深いテーマを持つ魅力的な作品なんだけど、その世界観を上手く表した歌詞だと思う。主人公の右手に寄生するミギーという寄生生物は、好奇心旺盛で読書家なんだよね。歌詞にはさっきも冒頭に少し挙げたマズロー欲求段階説を書いたものもあって、理知的な彼のキャラクターを思わせる描写が良い。

参照①:アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイト
参照②:Let Me Hear Fear,and Loathing in Las Vegas - 歌詞タイム



For what to live for
Think deeply as you live yeah

特にこの部分が好き。
簡単に和訳するなら「何のために生きるのか 深く考えるんだ」かな。「Think deeply as you live」の『as』って訳し方によって変わりそう。ネイティブじゃないからわからないけど「息をするように深く考えるんだ」「生きながら深く考えろ」とも訳せる気がする。異国語ってムズカシイ(´・ω・`)



Prove that you are different from monkies

ここもなかなか挑発的かつ
考えさせられる言葉だから好きだな。
「証明してみろ 君が猿とは違うってことを」


人間と猿の違いは何だろう。
なぜこんなにも地球には人間が多いのか。
「ヒト」と「人間」の違いは何か。
人間と動物の違いは何なのか。
何をもって「人間」と定義するのか……


限りない「why」が出てくるから、
もし私がロシア人だったら
почемучка(パチェムーチュカ)って
呼ばれていただろうな(笑)


NEXT TO YOU

NEXT TO YOU

  • Ken Arai
  • アニメ
  • ¥250
サウンドトラックでのお気に入り曲。




Sisters Tolmachevy Katyusha, Катюша Den pobedy 2007
そういえばロシアで思い出したけど、ロシア民謡『Катюша(カチューシャ)』ならトルマチェフ姉妹(The Tolmachevy Twins)バージョンのものが好きなんだ。子どもなのに力強い歌声で引き込まれる。カチューシャは好きだから高校時代に頑張って覚えたな。バルバラ(Barbara)さんのもカッコよくて好き。よく口ずさんでしまう歌。





さて、そろそろ勉強しなくては。
かなりサボってしまっていたからね(笑)
ではごきげんよう(*'ω'*)